スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二重課税ってどうよ

生命保険加入者が死亡した後に遺族が年金形式で受け取る保険金について、相続税の課税対象とした上、受け取るたびに所得税も課すのは違法な二重課税だとして、長崎市の無職女性(49)が国に課税取り消しを求めた訴訟の上告審判決が6日、最高裁
第3小法廷
(那須弘平裁判長)であった。同小法廷
は「所得税の課税対象とはならない」と判断、課税を認めた国側勝訴の2審判決を破棄した。女性側の逆転勝訴が確定した。




簡単に説明するとまずこれは死亡保険金の受取についてです。


生命保険金を受け取った時点で相続税を支払い(相続税の支払い対象である場合)、相続税支払い済みの生命保険金を年金みたいに分割してして受け取ることにより毎年の所得税も課せられてたということが二重課税となったわけです。




なるほど確かに問題です。しかしさらに問題なのはこの国は二重課税はもはや常識の国であるということです。




例えば


酒税ですがアルコールの種類や度数によっても違いますが酒税がかかります。しかし我々がスーパーなどで買う時に払う税金は・・・・消費税です。




おかしな話ですが我々が買う前にはすでに酒税が課せられていてさらに消費税を払っていることになります。




その他ガソリン税や自動車取得税も同じです。


 


本当に今更ながらですが税のあり方を考えていただきたいと思います。






大阪・京都で保険の無料相談なら/生命保険見直し相談プラザ




税理士 大阪・京都・神戸でピッタリの税理士を無料紹介/税理士紹介の窓口


続きを読む

スポンサーサイト

相続対策に「ついての質問

大阪西区在住の会社オーナーからの質問
不動産以外で対策できる方法を教えてください。

回答
いくか方法がありますが、相続財産評価減額に終身保険が使えます。
保険料払込期間中は、返戻率を60%台に抑え、払込が完了すると返戻率は100%を超える終身保険があります
契約者が保険料を払込んでいる間に死亡されたときは、相続財産の評価は解約返戻金相当額になります
保険料払込み期間中の解約返戻金は、実際に支払った保険料総額より30%以上減額されていますので、その差額が相続財産の圧縮になります。相続金額全体からみれば圧縮額は低いですがお金の評価を減額してるところが魅力です。物の値段は将来わかりませんがお金は安心ですからね^^詳しくは税理士にご相談ください!!

税理士にご相談になりたい方はこちら
   ↓   ↓    ↓
税理士相談センター(税理士事務所の無料紹介)/大阪府大阪市西区
大阪・京都の中小企業のお悩みを解決!起業をお考えの方、現状の税理士に不満をお持ちの方から税理士についてのご相談に応じます


ジェヌファム
癒しと健康・きれいを体験

節税と内部留保どちらを重視すればいいのですか?

会社経営者からの質問
最近決算を前に「節税しませんか」という話を持ってきていただくのですが、正直お金があった方が何かあったときに安心出来るのではないかと思っていてなかなか踏ん切りがつきません。でも節税が魅力的であるというのは理解できます。どうしたらいいのでしょうか?

回答
会社の社長であれば今期の利益について考えられない方はおられないと思います。その利益について二通りの経営者がおられます。

1,役員報酬などを合法的範囲内で大きく計上し、会社の利益をあまり出さないという経営者
2,役員報酬などを控えめにし,会社の利益を大きくするという経営者

節税をとるか内部留保をとるかの選択となります。

どちらかがよくてどちらかが悪いとはいえませんがどちらの選択をするにも役員報酬が絡んでくると思います。

節税重視の会社にするか自己資本重視の会社にするか会社の方向性がそこできまるでしょう。

税理士にご相談になりたい方はこちら
   ↓   ↓    ↓
税理士相談センター(税理士事務所の無料紹介)/大阪府大阪市西区
大阪・京都の中小企業のお悩みを解決!起業をお考えの方、現状の税理士に不満をお持ちの方から税理士についてのご相談に応じます


ジェヌファム
癒しと健康・きれいを体験

社長交代を考えています。いつ頃から準備したらいいのでしょうか?

会社経営者からの質問
会社を経営しています。そろそろ子供に後を次がせたいと思っています。その準備はいつ頃から始めたらいいのでしょうか?私の資産の大部分は自社株と不動産なので相続が発生すると相続税の納税資金にも苦労しそうです。教えていただけないでしょうか。

回答
中小企業のオーナーなどに相続が発生した場合、後継者への経営権の引き継ぎと同時に、会社資産や自社株などの引き継ぎをどうするのか、他の相続人への代償分割資金や相続税の納税資金をどのように準備するかが問題になります。当事者を交えて早めに対策を講じることで、問題解決の選択肢とそれに要する時間を確保できます。

税理士にご相談したい方はこちら
   ↓    ↓    ↓
税理士相談センター(税理士事務所の無料紹介)/大阪府大阪市西区
大阪・京都の中小企業のお悩みを解決!起業をお考えの方、現状の税理士に不満をお持ちの方から税理士についてのご相談に応じます


ジェヌファム
癒しと健康・きれいを体験


テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

アパート経営について経費や節税のポイントを教えてください

資産家Aさんからの質問内容

もらえる年金額が先細りするのではと思い、一生涯収入を得られるよう、自宅を建て替えてアパート経営を考えています。不動産業者のシミュレーションでは年率8%以上になるとか。それなら是非とも大家さん業に取り組んでみたいと思います。ですが本当にこの利回りが継続されるかが心配です。また、経費や節税などもおしえてください。

回答

 アパート経営は、初期投資資金さえ工面できれば手軽に安定した収入を得られるようなイメージがありますが、簡単なものではありません。事前のシミュレーションがポイントになります。業者による見積もりはやや甘いモノになるので、最悪の場合や、それ以外の費用を含めたキャッシュフロー表を作成してみてください。

 入居後の費用に入居者の入れ替わりに際して軽度なリフォーム費用は必要になります。リフォーム費用は年間20万円までで「現状回復」にかかる費用を全額経費に出来ます。
 賃貸規模が大きくなれば法人にするのも一つの手です。メリットとして初年度の赤字を7年度まで繰り越せること、所得税・住民税を節税出来ることがあります。また自らが管理委託会社を設立して管理料を受け取り親族を役員にして所得の分散を図り節税する方法、不動産管理会社を設立して、自信の物件を一括家賃保証する方法もあります。家賃保証のリスクを負うため管理料を高めに設定するコトができ、経費を多く見積もれるため節税になります。

税理士に相談したい方はこちら
 ↓   ↓   ↓
税理士相談センター(税理士事務所の無料紹介)/大阪府大阪市西区
大阪・京都の中小企業のお悩みを解決!起業をお考えの方、現状の税理士に不満をお持ちの方から税理士についてのご相談に応じます


ジェヌファム
癒しと健康・きれいを体験
プロフィール

税理士紹介の窓口

Author:税理士紹介の窓口
十数年金融機関で培った経験が皆様のお役に立てたら幸いです。
何事も一緒に解決していきましょう^^

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。