スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逓増定期保険の税制は今後どうなるのですか?

今回、国税庁が逓増定期の税制改正を行う理由は「通達と乖離した商品内容」にあるようです。「通達との乖離」とは「全額損金であれば、ほぼ掛け捨て」「1/2損金であれば、解約返戻金の水準は概ね保険料の半分」ということです。これにより生命保険会社各社は当面逓増定期保険の販売休止を発表しています。

 見直し後の逓増定期保険の税制がどうなるかは別として、これからの法人向け生命保険販売では、常に税制改正の可能性を考慮する必要があります。

 例えば逓増定期保険の税制改正が確定し、税務的にメリットが無くなったので解約になった場合、保険料累計の60%以上の解約返戻金があり、実質返戻金が100%を超えていたとしても益金として受け取った場合、その解約返戻金に税金がかかるためトラブルに発展する可能性は高い。損を覚悟で解約するか税務上のメリットはないが継続するかの選択に迫らそうだ。

大阪・京都で税理士にご相談を希望の方はこちら

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

逓増定期保険の最新の話題

保健年金最新情報より最新の話題をご提供します! 逓増定期保険の税制改正節税に関心のある経営者様にとって、逓増定期保険の税務取扱の話題は最も気に なるところではないでしょうか? 年内に変更内容が発表され、翌年3

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

税理士紹介の窓口

Author:税理士紹介の窓口
十数年金融機関で培った経験が皆様のお役に立てたら幸いです。
何事も一緒に解決していきましょう^^

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。