スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節税と内部留保どちらを重視すればいいのですか?

会社経営者からの質問
最近決算を前に「節税しませんか」という話を持ってきていただくのですが、正直お金があった方が何かあったときに安心出来るのではないかと思っていてなかなか踏ん切りがつきません。でも節税が魅力的であるというのは理解できます。どうしたらいいのでしょうか?

回答
会社の社長であれば今期の利益について考えられない方はおられないと思います。その利益について二通りの経営者がおられます。

1,役員報酬などを合法的範囲内で大きく計上し、会社の利益をあまり出さないという経営者
2,役員報酬などを控えめにし,会社の利益を大きくするという経営者

節税をとるか内部留保をとるかの選択となります。

どちらかがよくてどちらかが悪いとはいえませんがどちらの選択をするにも役員報酬が絡んでくると思います。

節税重視の会社にするか自己資本重視の会社にするか会社の方向性がそこできまるでしょう。

税理士にご相談になりたい方はこちら
   ↓   ↓    ↓
税理士相談センター(税理士事務所の無料紹介)/大阪府大阪市西区
大阪・京都の中小企業のお悩みを解決!起業をお考えの方、現状の税理士に不満をお持ちの方から税理士についてのご相談に応じます


ジェヌファム
癒しと健康・きれいを体験
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

税理士紹介の窓口

Author:税理士紹介の窓口
十数年金融機関で培った経験が皆様のお役に立てたら幸いです。
何事も一緒に解決していきましょう^^

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。