スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役員賞与について教えてください

 役員報酬は、従業員の賃金と異なり、取締役は会社と委任関係にあるため、無報酬が原則です。非常によく頑張ってくれる取締役に、ご褒美として支給されるものです。

 

 役員報酬について、不相当に高額な部分の金額は損金算入が認められません。
では、いくら以上の役員報酬が「不相当に高額」とされるのでしょうか?
判断基準は2つです。

◎実質基準
・役員の職務の内容
・会社の収益
・使用人に対する給料の支給状況
・事業規模が類似する同業他社の役員報酬の支給状況
 ↓
上記の条件に照らし、役員報酬として相当であると認められる金額以内となっていること
 
◎形式基準
株主総会等の決議(又は定款の規定)により定めている報酬限度額以内となっていること


また、役員兼従業員となっていても一般的な同族会社で役員兼従業員が発行済み株式の5%超 を持っていたら、

税務上 → 役員 となってしまったというケースもあります。

大阪・京都で税理士にご相談したい方はこちら



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

税理士紹介の窓口

Author:税理士紹介の窓口
十数年金融機関で培った経験が皆様のお役に立てたら幸いです。
何事も一緒に解決していきましょう^^

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。