スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たに医療法人の設立を考えています。出資は最終的に国に帰属するのですか?

 今年4月1日に施行されました第五次医療法によって
 
 今年4月1日以降に設立された医療法人について出資者に財産権を認めないこととされますので、出資持ち分、いわゆる含み益部分は最終的に国などに帰属することとなります。

 ただし医療法人として存続している以上は、国などに帰属することはありません。あくまでも、医療法人が解散したときにはそのようになってしまうということです。
 
 ですからその有事に備えて、今まで以上に内部留保を少なくするような対策が必要でしょう。

 税理士相談センター(税理士事務所の無料紹介)/大阪府大阪市西区
大阪・京都の中小企業のお悩みを解決!起業をお考えの方、現状の税理士に不満をお持ちの方から税理士についてのご相談に応じます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

税理士紹介の窓口

Author:税理士紹介の窓口
十数年金融機関で培った経験が皆様のお役に立てたら幸いです。
何事も一緒に解決していきましょう^^

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。